ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

フェノール樹脂ってなぁに?

フェノール樹脂はどうやって出来るの?

フェノール樹脂の原料はフェノール類とアルデヒド類。ここに触媒を加えると「付加縮合反応」が起こり、フェノール樹脂になります。
熱し方や混合の割合によって、『レゾール』や『ノボラック』というフェノール樹脂になります。
『レゾール』は基本的に常温では液体で、加熱すると固まり、元には戻りません。
『ノボラック』は通常は固形で、加熱すると溶け、冷ますと常温で元に戻ります。
旭有機材では、それぞれの特性を生かして『レゾール』は断熱材などに、『ノボラック』は鋳造用や電子材料の製造に使われています。

フェノール樹脂の作り方?

フェノール樹脂製品のつくり方は、お菓子のつくり方に似ています。
まずフェノール樹脂に硬化物や添加物を混ぜます。
このときの添加物の割合によって、できる製品が変わってくるのです。
まるで、小麦粉、牛乳、卵などの分量や配合でケーキやプリンになるお菓子みたいでしょう?
製造工程で生まれる副生成物は廃棄せず、自然に役立つ形にして地球に還元。
また使い終わった断熱材もエネルギーとして再利用するなど、環境対策にも積極的に取り組んでいます。

こんな製品に分かれます

鋳造用 樹脂製品

鋳造プロセスに使用されるフェノール樹脂の製品群について

鋳造用 砂製品

鋳型に使用されるレジンコーテッドサンド及び骨材の製品群について

建築土木用

フェノール樹脂の難燃性及び耐熱性を生かした製品群について

工業用

様々な分野で使用されているフェノール樹脂の製品群について

電子材料

フォトレジスト用として使用されるフェノール樹脂の製品群について

成形材料

熱硬化性プラスチックタイプのフェノール樹脂の製品群について