ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

History旭有機材の歴史

当社は、前身である「日窒航材工業株式会社」が1945年3月12日、宮崎県延岡市に
設立されて以来、2015年に創業70周年を迎えました。
創業から間もなく発売された「AVライト成型材料」および「ASAHI AVバルブ」は、
今もなお当社の主力商品として、世界の産業を支え続けております。
70年以上にわたる当社の歩みをご紹介します。

詳しい沿革はこちら

1945終戦の年1945年に誕生

終戦の年の1945年3月、現在の旭化成株式会社の
関係会社として、日窒航材工業株式会社は誕生しました。

戦後を迎えた1945年11月、
社名を「旭ベニア工業株式会社」と改称。

詳しく読む

1946旭とベニアの頭文字を
とった「AV」をブランド名に

1946年、旭とベニアの頭文字をとった「AV」を
ブランドとして立上げ、成形材料「AVライト」として販売。

詳しく読む

1950フェノール樹脂成型材料の
量産

1950年、当時急速に普及しつつあった
電話機を製造するための、
フェノール樹脂成型材料の量産を開始。

同年、社名を「旭有機材工業株式会社」に。

詳しく読む

1952塩化ビニール樹脂の成型品製造に着手

1956世界初となる樹脂製バルブ
「ASAHI AV」バルブの誕生

プラスチック成形としては世界初となる樹脂製バルブ、
「ASAHI AV」バルブの誕生。

詳しく読む

1959薬液ラインの救世主
世界初 流線型プラスチック製
ダイヤフラムバルブ

耐薬品性に優れ、耐圧性を確保した軽いバルブ、
「流線型プラスチック製ダイヤフラムバルブ」を世界で初めて開発、
薬液ラインの救世主となった。

1962農業用水分野の開拓

「アルファルファ―バルブ」「アングルバルブ」が
全国に指定品として広く活用され始めた。
これが、農水分野への出発点となった。

樹脂製バルブ「ASAHI AV」誕生秘話

やがて、努力が実り、樹脂製バルブは、
金属製バルブが抱える課題を解決する製品として認知され、
現在、さまざまな分野で活躍。

樹脂性バルブのパイオニアとして、また、フェノール樹脂の重合・合成技術の進化により 自動車・建機産業の発展に貢献してきました。

2013ドリコ株式会社が新たに
加わり、第3の事業が
立ち上がった

資源開発事業では、日本各地の地熱発電開発、そして、掘削本数や総延長で日本一を誇る温泉開発など、
さく井(さくせい)の分野で、国内有数の事業を展開。水処理事業では、大規模上下水道施設をはじめ、
産業廃水処理施設など、幅広い分野に進出しています。

そして、時を超え—

2016

社名を旭有機材株式会社に。

これまでの70年。これからの30年。