【DO!BOOK・ページリンク】
view-valve-auto   251 / 252

BOOKをみる

10秒後にBOOKのページに移動します


244 弊社製品の保証内容について必ずお読みください。 ● 弊社製品のご使用に際しては、製品仕様や注意事項等の遵守をお願いいたします。 ● 弊社は製品の品質・信頼性の向上に努めておりますが、その完全性を保証するものではありません。特に人の生命、身体または財産を 侵害する恐れのある設備等へご使用される場合には、発生し得る不具合や事故を十分に考慮した適切な安全設計等の対策を施して ください。このようなご使用については、事前に仕様書等の書面による弊社の同意を得ていない場合は、弊社はその責を負いかねる 場合がありますのでご了承ください。 ● 弊社製品の選定、施工・据付、操作、メンテナンス等の注意事項は技術資料、取扱説明書等に記載してありますので、最寄りの販売店・ 弊社営業所へお問い合わせください。 ● 弊社製品の保証期間は納入後1年間とし、保証期間中に不具合が生じ、弊社に通知された場合、弊社は直ちに原因究明を行い、弊社 製品に欠陥が発見された場合には弊社の責任でその製品を修理・交換いたします。 ● 保証期間経過後の修理・交換は有償となります。 ● ただし、次に該当する場合は保証の対象外といたします。 (1)ご使用条件が弊社の定める保証範囲を超えている場合。 (2) 施工・据付、取扱い、メンテナンス等において、弊社の定める注意事項等※が守られていない場合。 (3)不具合の原因が弊社製品以外の場合。 (4)不具合の原因が弊社以外による製品の改造・二次加工による場合。 (5)部品をその製品の本来の使い方以外にご使用された場合。 ※ 尚、弊社製品の不具合に起因して生じた間接的損害その他の特別的、派生的または付随的損害については、補償の対象外といたします。 ● この保証は弊社製品を日本国内で使用される場合に限り適用されます。海外でご使用される場合には、別途、弊社にお問い合わせください。 弊社製品を輸出される場合のお願い 【輸出法令と輸出管理について】 我が国では日本の安全保障と世界各地域における紛争防止を目的として、国際的な合意の下に輸出品が武器・通常兵器及び核兵器・生物兵器・ 化学兵器・ミサイル等の大量破壊兵器の開発・製造等に利用されない為の輸出規制が「外国為替及び外国貿易法」に基づく政省令等にて実施 されています。規制の対象となる貨物(製品)・役務(技術)を輸出する際には、前もって経済産業大臣の許可が必要になります(リスト規制)。 また、輸出をする前に許可が必要でない貨物(製品)・役務(技術)であっても、自主的な審査・判断が義務付けられており、最終需要者、使用目的に よっては経済産業大臣の許可が必要となることもあります(キャッチオール規制)。 弊社はリスト規制の対象となるフッ素重合体関連製品・部品を販売しており、また、弊社の全製品がキャッチオール規制の対象となります。 弊社は法令の順守を基本方針としており、弊社製品・技術等の輸出向けと認識した国内販売につきましても、社会的責任を果たすべく輸出管 理を実施しております。お客様におかれましても、輸出する際には必ず輸出内容と仕向地、最終需要者・使用目的等を照合していただきますよ うお願い申しあげます。 【該非判定書の発行について】 輸出を目的とした製品・技術の該非判定書(項目別対比表・パラメータシート・非該当証明書)の発行において、リスト規制に非該当である証明書 につきましては弊社ホームページ内の「該非判定書類自動発行サービス」にて取得することができます。尚、本サービスではリスト規制に該当 する製品の判定書は発行しておりません。 また、若干ですが本サービスにて取得できない製品(非汎用品・加工品等)がございますので、その場合は貴社の弊社製品の仕入れ先様若しくは 弊社営業所にご相談ください。これらの製品について該非判定書を発行する場合、弊社が輸出内容を確認する必要がありますので、弊社仕様の 「輸出内容確認書」の提出をお願いいたします。 リスト規制に該当する弊社製品・部品の該当判定書につきましては、弊社仕様の輸出内容確認書を提出していただき、その内容を確認させて いただいた後発行いたします。(お申し込みから1週間程度頂戴いたします。)尚、仕向地・使用目的・最終需要者等によっては、販売又は該非判定書 の発行をお断りすることがございます。最終需要者等に疑義がある場合は、経済産業省へのご相談をお薦めします。 注意事項 ※ 弊社樹脂製配管材料に陽圧の気体をご使用される場合は、保証の対象外といたします。 ・止むを得ず陽圧の気体をご使用される場合は、水圧と同値であっても圧縮性流体特有の反発力により危険な状態が想定されますので、管を保護 資材で被覆する等周辺への安全対策を必ず施してご使用ください。尚、ご不明な点はお手数ですが最寄りの営業所へお問い合わせください。 ・配管施工完了後、管路の漏れ試験を行う場合、水圧にて確認してください。 ※ 弊社樹脂製配管材料のねじ接合部には、シールテープをご使用ください。 ・液状シール剤及び液状ガスケットを使用した場合、ストレスクラック(環境応力割れ)を起こす可能性があります。止むを得ず使用される場合は 保証の対象外といたします。