ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

NEWS

  • RSS

javascriptを有効にしてください。

Global Network

国内18拠点、海外7ヶ国で展開される旭有機材の3つの事業

Japan 日本
United States of America アメリカ
Germany ドイツ
China 中国
India インド
Singapore シンガポール
Thailand タイ
Korea 韓国

Japan 日本

工場

延岡製造所

(宮崎県延岡市中の瀬町)

管材システム事業の主力工場として、各種バルブを中心とした合成樹脂配管材料を製造。

天下(あもり)テクノセンター

(宮崎県延岡市天下町)

管材システム事業のプラントエンジニアリングの拠点として、設計・施工技術の開発や、配管ラインの組立てを行う。

愛知工場

(愛知県丹羽郡扶桑町)

樹脂事業の主力工場として、フェノール樹脂の特性を活かした鋳造用材料をはじめ、電子材料、発泡材料などを製造。

栃木工場

(栃木県大田原市)

鋳造用のレジン・コーテッドサンドと、パイプなどの合成樹脂配管材料を製造。

広島工場

(広島県庄原市新庄町)

鋳造用のレジン・コーテッドサンドを中心に製造。

子会社

旭有機材商事株式会社

(東京都江東区)

配管材料の販売を行う。

ドリコ株式会社

(東京都中央区)

各種水処理施設および各種さく井施設の設計・施工・維持・管理を行う。

本社・営業所

United States of America アメリカ

海外における配管材料の最大販売拠点 ASAHI / AMERICA, INC

1999年旭有機材グループの100%子会社化。アメリカ国内のみならず南米、ヨーロッパなどの世界各国において、製鉄・化学および半導体などの各種プラント、水族館、鉱山など、多岐にわたる市場を開拓。2014年、社屋をマサチューセッツ州のメドフォードから、現在のローレンスに拡大移転。
新たな本社および工場は、社屋の面積が旧社屋比で2倍となり、施設内は、3階建てのオフィス棟があり、研究室、ショールームや研修施設も充実している。

Germany ドイツ

欧州における配管材料の主力販売拠点 ASAHI AV EUROPE GmbH

1979年、ドイツに欧州連絡事務所を開設。長年駐在事務所として、現地代理店の営業支援を行ってきた。
2014年10月、今後の欧州での販売拡大を期待して、ASAHI AV EUROPE GmbH を設立し現地法人化。
製鉄、化学、海水淡水化など、当社が得意とする分野において、販売を加速している。

China 中国

配管材料の生産・販売、鋳造用・電子材料用フェノール樹脂の製造拠点旭有機材閥門設備(上海)有限公司 旭有機材商貿(上海)有限公司 旭有機材樹脂(南通)有限公司

バルブ、パイプ、継手などのプラスチック配管材料の販売拠点 旭有機材商貿(上海)有限公司

2005年12月設立。バルブ、パイプ、継手などのプラスチック配管材料の販売を行っている。

バルブの生産拠点 旭有機材閥門設備(上海)有限公司

中国市場におけるプラスチック配管材料の拡販を目的に、2008年12月に設立。現在は、バルブを中心とした配管材料の生産拠点として、中国市場向けの仕入れ販売商品も投入し、扱い品目を拡大している。

鋳造用フェノール樹脂、電子材料用フェノール樹脂の製造拠点 旭有機材樹脂(南通)有限公司

中国をはじめとするアジア地区での自動車産業の将来性を見込み、日系自動車メーカーを主要ターゲットとした鋳造用フェノール樹脂製造販売拠点を、2006年12月に設立。
2012年3月には、液晶パネルや半導体産業の中国における成長を見込み、同社敷地内に電子材料用フェノール樹脂工場を新設。
日本におけるフェノール樹脂の主力製造拠点である愛知工場との生産最適化を行い、世界中のお客様に高品質な樹脂を安定的に供給している。

India インド

RCSの製造・販売拠点 ASAHI MODI MATERIALS PRIVATE LIMITED

インドにおける自動車産業の将来性を見込み、インドのModi Rabber Limited社との合弁会社を2012年11月に設立。
グジャラート州アーメダバードに本社を置く。RCS(レジンコーテッドサンド)のもととなる砂は、グジャラート州にある高品質なシリカサンド鉱山から調達し、被覆するフェノール樹脂は、中国南通市の子会社から輸入している。
今後自動車産業の急速な発展が見込まれるインドにおいて、広域供給体制を構築し、高品質RCSを供給している。

Singapore シンガポール

管材システム事業初の合弁会社 ASAHI ASIA PACIFIC PTE.LTD.

製鉄、化学、半導体分野において、建設現場で使用される資材の東南アジア域内での調達が増加する傾向にあることから、パイプを中心とした配管材料の販売におけるシンガポールの総代理店であるAGRU TECHNOLOGY PTE. LTD.との合弁会社を2016年1月に設立。
両社の強みである製品の高い品質に加えて、東南アジア全域をカバーする物流拠点としての機能を有する事で、圧倒的な品揃えを実現しており、東南アジア全域における営業活動の強化とともに販売拡大を目指している。

Thailand タイ

タイ事務所

2008年9月、現地代理店の営業支援、市場調査を目的に当社タイ事務所を開設。現在は、化学、製鉄、メッキ加工、鉄鋼など日系製造業向け需要の掘り起こし、受注拡大を狙い、タイ国内のみならず、ベトナム、フィリピン、ミャンマー、カンボジアへの市場開拓を加速しており、2016年に設立したASAHI ASIA PACIFIC PTE LTD.とともに、東南アジア全域におけるプラスチック配管材料の拡販を目指している。

Korea 韓国

ダイマトリックス製品の主力販売拠点 ASAHI KOREA CO.,LTD

2013年12月、韓国市場および韓国企業における半導体製造装置分野向けのダイマトリックス製品の拡販を目的に、韓国連絡事務所を開設。翌年8月、ASAHI KOREA CO.,LTD を設立し現地法人化。
韓国のIT 関連企業が集まる京畿道の中心都市であり、好立地であったことから水原市に設立された。