トップメッセージTop Message

樹脂の深化とエンジニアリング価値を追求し
挑戦を続けています

代表取締役社長中野 賀津也

旭有機材は第二次世界大戦中の1945年3月宮崎県延岡市にて不足する金属材料の代わりに木材と樹脂で航空機部品を製造する使命をもって誕生しました。創業以来続く“樹脂が出来る”ことを追求することで培われた、“できる”をつくる力によってニッチトップ製品を持つユニークな企業グループとして成長してまいりました。
「金属→樹脂」のDNAが生む「管材システム事業」、フェノールをはじめとした合成技術を突き詰める「樹脂事業」、2013年に第3の柱としてグループ化したドリコ(株) は「水環境・資源開発 事業」の担い手として着実な成長を遂げています。

今、そしてこれからの Asahi Yukizai を示すキーワードは「成長」「ニッチトップ」「グローバル」です。

これまで培ってきた技術やノウハウをベースとして、お客様のプロセスに対して「エンジニアリング価値の追求」と「先端材料開発と提案」を進め、飛躍的な成長を目指します。

旭有機材の強み

① 成長を続けます

② ニッチトップ(はじめて&トップシェア)を磨き続けます

③ グローバル展開を加速します