リスクマネジメントRisk management

基本方針

当社は、「内部統制システム構築の基本方針」に基づき、社内規程として、「リスク管理規程」を設けています。
「リスク管理規程」では、当社グループの企業活動にともなう損失の危険の管理に関してリスクの優先順位付けをおこない、優先順位付けされた個々のリスクにつき、その発生を未然に防止するための手続・体制や、発生した場合の対処方法などを定めています。

体制・運用

リスク管理規程の中で、事業活動にかかわるリスクを「経営戦略リスク」と「業務リスク」の2つに分類し、それぞれ管理方法を定めリスク管理をおこなっています。

経営戦略リスク

アライアンスや新規事業などの利益または損失の両面を生じさせるリスクを「経営戦略リスク」に分類しています。
最適なコーポレート・ガバナンス体制の構築および当社の取締役会・経営会議などの主要会議での充分な審議、ならびに当社の決裁権限規程・グループ会社運営規程などの諸規則に基づき、適正な経営診断をおこなっています。また、これら一連の意思決定の仕組みと運用状況の有効性を評価・検証の上、継続的改善を図っています。

業務リスク

業務遂行を阻害し、損失や不利益のみを生じさせるリスクを「業務リスク」に分類しています。より適切な業務リスクの管理を実行するために、本部・事業部担当執行役員を「リスク管理責任者」として定め、当社取締役会の直属機関として、社長執行役員を委員長とする「リスク管理委員会」を設置し、定期的に重要な業務リスクの対応方針を決定しています。また、発生した重要な事象については当社の取締役会に報告しています。

業務リスクの運用体制