【DO!BOOK・ページリンク】
view-valve-auto   64 / 252

BOOKをみる

10秒後にBOOKのページに移動します


057 自動 手動 対応駆動部 自動 部品表 手動 フランジ形65mm〜100mm ソケット形ねじ込み形 2 10 7 9 1 3 8 13 4 14 15 4 4 4a 10 6 12 11 5 三方ボールバルブ23型 ボールバルブ / 三方ボールバルブ23型 エア式TA型 電動式T型 部番・名称個数材質 11 Oリング(D) 1 EPDM、FKM、その他 12 Oリング(E) 1 EPDM、FKM、その他 13 ストップリング3 PVDF(フランジ形に使用) 14 ハンドル1 ABS 15 タッピンねじ(A) 1 SUS304(65mm〜100mmに使用) 部番・名称個数材質 6 ステム1 U- PVC、C- PVC、PP、PVDF 7 シート2 PTFE 8 Oリング(A) 3 EPDM、FKM、その他 9 Oリング(B) 2 EPDM、FKM、その他 10 Oリング(C) 2 EPDM、FKM、その他 (15mm〜50mmに使用) 10 クッション2 EPDM、FKM、その他 (65mm〜100mmに使用) 部番・名称個数材質 1 ボディ1 U- PVC、C- PVC、PP、PVDF 2 ボール1 U- PVC、C- PVC、PP、PVDF 3 ユニオン2 U- PVC、C- PVC、PP、PVDF 4 ボディキャップ3 U- PVC、C- PVC、PP、PVDF 4a リング3 SUS304 (C-PVC製15mm、20mm、25mmのねじ込み形に使用) 5 キャップナット3 U- PVC、C- PVC、PP、PVDF 2つの流路の切り換え・全閉が可能(ボールバルブ2台が必要だったラインが、1台のみで操作可能) 弁体(ボール)形状を3種類から選べるため、使用方法に応じて流れ方向の切り替えが可能 基本仕様 バルブ型式―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――三方ボールバルブ23型 呼び径――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――15mm−100mm(1/2inch−4inch) ボディ材質――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― U-PVC C-PVC PP PVDF シール材質/Oリング―――――――――――――――――――――――――――――――――― EPDM FKM その他 接続規格/フランジ形――――――――――――――――――――――――JIS5K、JIS10K、DIN PN10、ANSI CLASS150       ソケット形――――――――――――――――――――――――――JIS、DIN、ANSI       ねじ込み形―――――――――――――――――――――――Rc、Rp、NPT ポート――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――ダブルLポート、クロスポート、Lポート 超純仕様――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――禁油品 流体温度最高許容圧力(常温) MPa{kgf/cm2} 接続方式 フランジ形ソケット形ねじ込み形 U-PVC 0℃ 〜 50℃ 1. 0{10. 2} ○ ○ ○ C-PVC 0℃ 〜 90℃ 1. 0{10. 2} ○ ○ ○ PP - 20℃ 〜 80℃ 1. 0{10. 2} ○ ○ ○ PVDF - 20℃ 〜 100℃ 1. 0{10. 2} ○ ○ ○ 注 (1)ボールタイプのバルブには構造的にデッドスペースが存在いたしますが、過酸化水素水(H2O2)、次亜 塩素酸ソーダ(NaCI O)などの気化性液体は、デッドスペース内にて気化し、バルブ内部に圧力異常上昇 を起こす恐れがありますのでご注意ください。(気化により内圧が異常上昇した場合の気体は圧縮性流 体であるため、万が一バルブ破損に至った場合、破片が飛散する爆発的なものとなりますので大変危険 です。) (2)最高許容圧力は水撃圧を含んだ圧力です。最高許容圧力を超えて使用しないでください。 ※ 温度別・材質別許容圧力については当カタログ巻末の技術資料をご参照ください。 エア式AR型 仕様について 詳しくは P.126 仕様について 詳しくは P.137